臨床心理士がさまざまな心の問題にお応えします。岐阜市と名古屋市に心理カウンセリングを行う相談室があります

子どものご相談

  • HOME >
  • 子どものご相談

発達ご相談

発達障害の子どもに当室が支援できること

いくつかの壁

成長を阻む壁
発達障害の子どもは素晴らしい力を持っていますが、自分に誇りを持って生きていくには幾つかの壁があります。発達の偏りがあることで子どもは非難叱責を受けやすく、親の側もストレスを高めます。他の多くの子どもたちと違った行動を示すため、事情を知らない人からは「しつけが行き届いていない」と言われてしまうこともあります。そうなれば、どんな親でも恥ずかしく、力づくで子どもを押さえたくなるでしょう。

子どもの特性や親の苦労を理解してもらえない環境にあることから、子どもが自己否定感を増したり、親子関係の築きにくさゆえに愛着障害を生む場合があります。

愛着と信頼の形成
大切なことはまず、親が子どもの特性をしっかりと理解し、それをまわりの人々に伝えていくことです。子どもの姿に応じて、子どもの歩調に合わせて発達を支えましょう。そうすれば子どもは自分をよいものと感じ、人との関係に心地よさを感じられます。このような親との安心できる関係(愛着)が、自分に対する信頼感・他者への信頼感を築くのです。

子どもに愛着障害や自信喪失を生じていると感じられるとき、子どもをどう理解すればいいのかわからなくなっているとき、遠慮なくご相談ください。

子どもの側の問題
一方子どものこころの状態が、発達や学習を遮断するような状態となっていることがあります。発達障害の子どもは、変化を好まない、かたくなである、感情をうまく伝えられない(パニックや癇癪)、不足や負けを認められない、自己評価が低い、すぐにあきらめるなどの特徴があり、それが極端な場合には発達や学習を損ないます。

精神分析的心理療法は、発達を損なう要素となる「愛着や信頼」と「子どものこころ」の理解と改善に大きな力を発揮します。

二次障害
発達障害の子どもが理解のない環境で育つとき、叱責・疎外・失敗の経験の多さから、二次的に情緒障害を起こします。不登校、行為障害、気分障害(うつ)などこころの問題を生じたときには、環境調整とともに、子どもの心が回復していけるよう支援を行います。

私たちはこころの専門家として、子どもたちが持てる力を最大限に発揮していけるよう、子ども、親、学校に対して援助を行います。