臨床心理士がさまざまな心の問題にお応えします。岐阜市と名古屋市に心理カウンセリングを行う相談室があります

カウンセラー紹介

堀 英太郎(提携カウンセラー)

資格

1973年生まれ。
臨床心理士(登録番号9458号)

現職

ながら心理相談室 提携カウンセラー
神谷クリニック、灰本クリニック
愛知県教育委員会 スクールカウンセラースーパーバイザー
愛知県臨床心理士会 教育領域部会理事
精神分析的心理療法セミナーみえ 運営委員
名古屋市特別支援教育専門家チーム

所属学会

日本心理臨床学会、日本精神分析学会、日本心身医学会

専門領域

精神分析、心身症、スクールカウンセリング

略歴

名古屋大学大学院博士課程満期退学。大学在学中から、単科精神科病院、総合病院精神科において精神分析、認知行動療法などの訓練を受けました。現在は、神谷クリニック(精神科)、灰本クリニック(内科)で病院臨床、愛知県・名古屋市・一宮市スクールカウンセラーとして学校臨床、看護学校での講師などを兼務しています。

自己紹介

子どもから大人まどを対象に、「こころ」について関心があります。精神病理学・精神分析的見立てに基づく統合失調症、うつ病、パーソナリティ障害、心身症に対する個人心理療法だけでなく、人生の分岐点において「自分の気持ちについて考えてみること」をお手伝いできればと思います。自死遺族カウンセリング、カップルカウンセリング、家族ガイダンスなども行っています。
 学校臨床においては、小学校から高校まで、生徒や保護者との面談、教員へのコンサルテーション、現職研修、心理教育、緊急支援対応を行いますが、とりわけ集団の見立て、会議などでのグループ心性に関心があります。不登校、いじめ、非行、発達障がいに加えて、自殺の心理にも関心を持っています。
 他(多)職種との連携の大切さを感じていますが、ほり心理相談室(春日井市)では、スーパービジョン、コンサルテーションを行っています。また毎月第二土曜日には、灰本クリニックにおいて、様々な臨床現場で働く者たちが集う自主勉強会(心理百合会)を主催しています。

一覧にもどる