臨床心理士がさまざまな心の問題にお応えします。岐阜市と名古屋市に心理カウンセリングを行う相談室があります

カウンセラー紹介

佐藤 貴代

資格

1975年生まれ。
臨床心理士(登録番号11010)

現職

こころのげんき株式会社
ながら心理相談室 アシスタント・スタッフ
岐阜県スクールカウンセラー

所属学会

日本心理臨床学会、日本精神分析学会、東海心理学会

専門領域

精神分析、子どもの心理療法
就学前の子どもを対象とした発達相談、地域援助

略歴

岐阜大学で社会学を専攻し、少子高齢化社会における社会福祉のあり方や女性の社会進出について興味を持ちました。
アメリカへ1年の留学中、臨床心理学に出会い、愛知学院大学文学研究科において臨床心理学を専攻し、「不登校児童生徒へのグループ・アプローチ」について実践研究を行いました。
2001年~2003年は単科精神病院、2003年~2005年は総合病院、子どもから成人までの臨床に携わりました。
2003年~岐阜県スクールカウンセラーとして活動。
その他、郡上市の発達相談や自殺対策事情にも携わっています。

自己紹介

ライフサイクルや体の変化のなかで、さまざまな悩みが生じてきます。価値観が多様化した現在、“自分はどう生きるのか”に迷い、立ち止まってしまうこともあるでしょう。子どもから成人までのご相談に応じますが、スクールカウンセラーとしての活動や、発達相談の経験が長いことから、とりわけ「子どもの発達」や「不登校」、「ひきこもり支援」に興味を持っています。子どもが発達する過程のなかで、何にゆきづまっているのかを探り、子ども自身がその課題を乗り越え、成長していくためのお手伝いをしたいと思います。長期化したひきこもりでも、ご本人が自分らしさを見出すことができれば、より健やかに生きていくことが可能であると考えています。ご家族とは、ご本人を支える環境づくりを一緒に考えていきましょう。

一覧にもどる